堀部先生からのQ&A つわり

Q)つわりの対処法は

A)つわり(悪阻)は妊婦さんの半数以上にみられ、妊娠3ヶ月頃ピークの方が多いようです。

 ただ、通常のつわりで、おなかの赤ちゃんには悪い影響はありません。

 あっさりした、匂いの少ないもの、酸味のもの、おやつ類、冷たくしたものなど、

 何でも口に合うものの少量摂取を心掛けてみて下さい。あまり食べられない場合は、

 スポーツドリンク(電解質補給)、あるいはジュースを凍らせたり、脱水予防を第一に考え

    ましょう。

 また、口腔内を清潔に保ち歯肉炎予防にも留意しましょう。家事、仕事量を減らすなど周囲の

    協力も不可欠です。

 特に症状がひどい状態を妊娠悪阻といいます。水分も摂れない、体重がどんどん(3kg以上)

    減る、濃い色の尿が少ししか出ない(いわゆる脱水)、このような場合は、次の妊婦健診の

    時期を待たずに、かかりつけの産婦人科医を早急に受診して下さい。意識障害などの神経症状、

    静脈血栓症などを伴うものは特に重篤です。

2017年7月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
〒486-0829
愛知県春日井市堀ノ内町3丁目7−9